2016年08月04日

暑い季節は熱中症にご用心!

これからの季節、「熱中症」という言葉を目や耳にすることが増えてきます。
人でさえ倒れてしまうほどですから、ワンちゃん達は特にご用心。
温度が高く換気の悪い場所や、直射日光の下では、体温調節が追いつかず、急激に体温が上昇します。それが熱中症exclamation×2
ハァハァという激しい呼吸と大量のよだれが出るようだったら、急いでケアをexclamation×2
日陰の涼しい場所に移動させて、水や濡らしたタオルをかけ、体温を下げるようにしましょう。場合によっては、命にかかわることもあるため、症状が引いた後も、できれば動物病院に連れて行く方が安心です病院

アメコカのアメリちゃん&クラリス??ちゃん&パピヨンのHoney君


今日は夕方散歩で出会ったアメリカンコッカースパニエルのアメリちゃんとクラリスちゃんFamilyとご挨拶をしました揺れるハート
アメコカのアメリちゃん&クラリスちゃんのお父さん犬のアメコカちゃんはドライアイになってしまったらしく愛犬パピヨンのHoney君と同じ症状の治療中とのことでしたたらーっ(汗)

ドライアイの治療・予防は…
目薬を差すことによって角膜と結膜を乾燥から防ぎます。しかし点眼薬は目が乾くたびに行う必要があり、また一時的な効果しか期待できません。

愛犬パピヨンのHoney君も動物病院で処方された目薬で治療中です病院
眼球の表面積が大きいワンコは目の病気になりやすいですよね〜犬(泣)
涙液の分泌は正常でも、涙が蒸発してしまうスピードが速すぎるとドライアイになってしまうそうです。
外気に触れている眼球の表面積が大きいギョロ目犬種で多い発症パターンなんだそうです。
アメリカンコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエル
ブルドッグ
ウェストハイランドホワイトテリア
ラサアプソ
シーズー
パグなどの犬種がなりやすいそうですよ。

元気な姿でマタアイマショウHello

あとから気づいたのですが…アメリカンコッカースパニエルのアメリちゃんって…以前、お散歩で逢えたワンコだったかなexclamation&question

ニックネーム 犬髪イズ子 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4160736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック